狩猟と農業を始め、科学と機械、そして現代の情報技術に至るまで、人間社会は常に進歩してきました。今はインターネットとスマホの登場により、時間と場所の制約がなくなり、どこでもいつでもコミュニケーションができる時代となりました。更に、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などの技術により、産業やサービス業において無人化が拡大しています。

未来のことは分かりませんが、技術の進歩による人間社会の変化は続くと思います。実は、Web Design : Responsive Web Pageのデモページで人間社会の現代と未来について少し語っていて、詳しい話をしたいと思っていました。最近よく耳にするようになった「第4次産業革命」をキーワードに、未来社会について私の考えをまとめたいと思います。

第4次産業革命とは?

第4次産業革命は主にAI(人工知能)による産業の変化を意味しますが、まだAIが産業や私達の日常に普及していないため、明確な定義は難しい状況です。しかし、第4次産業革命に向けての動きは世界的に起きているため、色々な可能性を考える必要はあると思います。もし、第4次産業革命が現実化されたら、人間の知的労働もAIが担当することになり、人間の仕事はほぼ無くなるか、変わる可能性が高くなります。

ポジティブな側面

AIと無人化の拡大による仕事の減少は必然的ですが、同時に新たな雇用と職業につながる可能性も高いと思います。それは今までの人間社会の歴史からも察することができます。私達が当たり前のようにインターネットやスマホを使っているのと同じく、次世代の人々はAIを使い、より豊かで便利な生活を送っているかも知れません。また、劇的な生産性の向上で、財貨の価値が無くなることも考えられます。

ネガティブな側面

フィクションではよくある話ですが、人間を上回る人工知能が登場し、制御不能になることや、AIと無人化などの技術を特定の企業・集団が独占するなどの問題が発生する可能性があります。つまり、人工知能に人間が支配されたり、深刻な二極化が発生するかも知れません。人間を上回る人工知能が近い未来に登場する可能性は低いですが、失業の拡散や独占による二極化は現在進行中のため、対策が必要です。

未来を生きるために

インターネットとスマホの登場で、人々は昔のように膨大な知識を覚える必要もなくなり、情報の格差もほぼ無くなりました。これからの時代に必要な人材は、新たな法則やコンテンツを生み出すクリエイティブな人になるでしょう。AIと無人化によって仕事がなくなることも事実ですが、同時にクリエイティブでヒューマニティーな活動や経験が増える機会だと思います。人とAIの共存社会を私は信じています。